彼氏が結婚したくない4の理由

女性なら付き合っている男性がいれば、誰しもいつかは彼と結婚したいと考えますよね。
ですが、さり気なく結婚の話してみたところ、彼は微妙な反応しかしてくれず、どう見ても乗り気ではなかったという事はありませんか?
一体何故彼は結婚に乗り気ではないのか気になると思います。
実は意外とあなたの日常生活が関わっている事が多いのです。
今回はそんな彼が結婚をしたくない理由をご紹介致します。
出典:http://kataomoi.org/

自分磨きを怠っている

男性であれば好きな女性にはいつでも綺麗でいて欲しいものです。
しかし、最近自分磨きを怠りがちになっていませんか?
例えば長年付き合っていたりすると、彼に会う時のメイクやファッション、髪型など手抜きになりがちですよね。
スッピンで彼を出迎えてしまったり、だらしがない格好を見られてしまうこともあると思います。
男性はそういった女性として怠っているところを見ると、段々好きな女性に魅力を感じなくなってしまうのです。
女性から見てもいつも自分を磨いている女性の方がだらけている女性よりも綺麗だと思いますよね?
その結果、いざ「この人と結婚をしたらどうなるのか」と考えた時にだらしがない印象が強くなってしまい、結婚に不安を抱いてしまって結婚に踏み切れなくなってしまいます。
その為、彼に結婚を意識してもらう為には、自分自身を磨いてみましょう。

愚痴や文句ばかり言っている

彼と一緒にいる時に、会社や友達の愚痴や文句などを言ってはいませんか?
多少の愚痴や文句なら可愛いものですが、会う度に聞かされるとなると聞く方も溜まったものではありあせん。
ネガティブな内容は聞いてる人をネガティブにさせてしまい、おまけにストレスも与えてしまいます。
また、愚痴や文句だけで終わってしまい「こうしたら良いのに」などと言った改善点の提示もないとなると「この人は文句ばかり言って自分で変えようと思っていない」と思われてしまいます。
男性からしたら解決のない話はイライラの原因です。
「結婚したら毎日そんな愚痴や文句を聞かされるのでは?」と考えると結婚に乗り気になれないのも納得してしまいますよね?
更には自分のことも他所では文句を言っているのでは?という不安も与えてしまいます。
愚痴や文句を言うこと自体あまり良いことではありませんが、言うのであれば改善点など思ったことも加えて、ポジティブに終われる内容で話をしたほうが良いでしょう。

整理整頓が出来ていない

付き合っていれば彼を部屋に招待することもあるでしょう。
付き合い始めだったり、彼があまり来ることがないのであれば、その時だけ綺麗にしていれば問題ないと思いますよね。
ですが、付き合いが長くになるに連れて部屋の綺麗さを保てていますか?
初めがどんなに整理整頓された部屋でも、段々整理されなくなる部屋を見てしまうと「この人実は掃除が出来ない、苦手なんじゃないのか」と思われてしまいます。
誰しも汚い部屋には住みたくないですよね?
仕事が終わって疲れて帰って来た時には散らかっていない綺麗な部屋で安らぎたいと思うものです。
あまり整頓が得意でない男性からしたら、整理整頓がきちんと出来る女性はかなり好印象です。
いつでも気を抜かずに常に整理整頓を心がけてみて下さい。

愛情表現をしていない

きちんと彼に対して愛情表現をしていますか?
愛情表現というと恥ずかしいという方もいらっしゃると思いますが、結構大切なことなのです。
例えば、愛を囁くこともそうですし、手を繋ぐことや甘えることだって立派な愛情表現の一つです。
また、彼に向ける表情だって大切です。
友達の約束を優先して彼を放ったらかしにはしていませんか?
彼と一緒にいる時に友達とラインやメールばかりしていたりはしていませんか?
やはり一緒にいる時間が短かったり、一緒にいる時間に他人と連絡を取り合っているのは良い印象ではないですよね。
彼からしたらあなたに愛されているのか不安になっているという事もあり得るでしょう。
やはり結婚するのですから、ずっと仲良く過ごしたいですよね。
たまには彼とゆっくり過ごしたり、甘えたりして彼に安心を与えてあげて下さい。

終わりに

いかがでしたでしょうか?
初めは気をつけていても付き合っていくに連れて段々と忘れがちになってしまう事が多いですよね?
相手との距離感に慣れてしまうと、どうしても油断をしてしまうものなのです。
ですが、男性からするとそんな状況も些細な不安になってしまい、中々結婚に踏み出せない原因になってしまいます。
自分がどうしたら良いのか分からない時は、彼を自分自身に置き換えてみてください。
自分自身がされたら嫌だと思うこと、彼にして欲しいことなどが分かりやすくなります。
そして、簡単に言ってしまえば彼にしてほしいことを自分がしてしまえば良いのです。
それだけでも彼からの印象も変わりますし、空気が読める「出来る女性」という印象になるでしょう。
是非一度試してみてください。